貸す

賃貸物件・収益物件オーナーの方々へ

 

一見悠々自適に見える物件オーナーの皆様。
実はあらゆるリスクと戦い,悩んでおられるのではないかと想像します。

 

少なくとも私はいつも悩んでいます。
なぜなら、賃貸物件オーナーであることは“事業”だからです。
だから悩むのです。
賃貸物件オーナーになるということは,単なる不動産への“投資”ではありません。
不労所得と言われることもありますが、実際に全く働かずして収入を得ることが難しいのはご存じのとおりです。
賃貸は空間を時間制で売る客商売をするということなのです。

  

賃貸事業を成功させるには様々なことを熟慮する必要があります。
その地域にどんな客層がどの程度あるのか、需給のバランスはどうか。
どんな商品(空間)を提供するべきか、常にコストと集客力をはかりにかけます。
 収益はいくら、どの程度の実現可能性において見込めるか、経費はどのくらいかかるか、とすればどの程度の投資であれば利益が見込めるか、どんなリスクがあるか、リスクの回避方法はどんなものがあるか。
 考えることはいくらでもあり、また、様々な人間の利益が絡んでくるのが賃貸事業ですから、様々な人間が様々な立場から様々なことを言ってきますので、アタマは混乱するばかりです。
その上で、チャンス、タイミングを逸しないように勘を働かせ、動くときは瞬時に行動しなければいけません。

 

 もちろん当社もオーナー様にご依頼を受ければ管理を致しますし、土地活用のご相談を受ければオーナーさまと一緒に計画を立て、最適な業者を手配致します。
…ので、その利益の絡んでいる様々な人間のひとりではあります。

 

ただ、当社は、当時はまだわずかでしたが代表者の所有する物件の管理会社として設立され、設立以降に当社自身で物件を取得し収益をあげており、これを基盤とする会社です。
オーナーさまの物件を多数管理する会社としてスタートした会社ではございませんので、言い方をかえれば、貸主様の立場に立った管理のノウハウしかありませんし、誤解を恐れずに言えば、オーナーさまの物件を管理させていただくことによる利益をアテにして存在する会社ではありません。

 

もちろん、オーナーさまの物件の管理を主たる業務として、誠実に貸主様の立場に立った管理をされている管理会社様もたくさんおられます。
むしろアテにする管理会社様ほどオーナーさまを失うことは死活問題であるので誠実に業務をされるという見方もできますので、決して管理を主業務とする会社様を批判するものではございません。

 

ただ、賃貸物件オーナーを出発点として収益の実績をあげてきた当社は、きっと、取引相手というより、オーナーさまと悩みを共有できる“戦友”となることができる。そんなふうに思うのです。 

 

もちろん、ただの“戦友”としてではなくパートナーとしての手土産もありあます。
例えば、当社代表は相続や遺言書作成のプロである現役の行政書士です。
オーナーさまが、万一、法的な問題に直面したときにご尽力させていただくのは当然ですが、法的な問題というものは、問題が発生した時からでは、どんな優秀な法律家の仕事も次善の策でしかありえません。
我々賃貸物件オーナーは満室で何もすることが無い時が一番儲かるのですから、問題が起きた時点で、ある意味すでに負けています。
法的な問題が生じないようにする。
これこそが最も大切なことです。
そのためには、法的な問題が生じ得るあらゆる場面を想定して布石を打っておくことが大切です
万一争いとなっても、相手方が勝ち目のない状況をつくっておくことが、争いを未然に防ぎます。
それは貸主さんの日々の賃貸業務が真に公正でなければいけないということも意味します。
例えば、お客様である借主を罠にはめるようなやり方は公正ではありませんし、逆に顧客のゴネ得や逃げ得がまかり通るようなやり方も公正ではありません。
法律は本当の正義を発見して実現するために存在するからです。
争いを未然に防ぐための業務として予防法務と言うものがあります。
予防法務は法律家の仕事としては地味な部類に入ると思います。異議あり!裁判長!!などとは言いませんので。
でも、私はこの予防法務こそ最も大切な業務と考えています
法律家はいわば他人の不幸を飯のタネにしているわけですが、この予防法務に限っては、依頼者も相手方も含めたみんなを不幸にしないための業務だからです。
この予防法務は賃貸事業におけるリスク管理上とても重要です。

  

オーナーにはオーナーの悩みがあります。
それは物質的な問題であったり、法的な問題であったり。
 建物の老朽化やリフォームの悩みや、賃借人の悩み。
 業者の悩みであれば人づきあいの問題でもあります。
 相続の悩みであれば親子や家庭の問題と直結します。
 銀行金利や担保価値、賃料相場は社会情勢の問題だし、返済や償却の悩みは時間との戦いでもあることを考えれば、人生そのものの悩みです。

 

一見悠々自適に見えるオーナーはあらゆるリスクと戦っています。
“戦友”とはそういう意味です。
 決して賃借人や業者を敵とみなしているわけではありません。
お客様である賃借人に嫌われたらおしまいです。
 業者に嫌われたら業務は破綻します。
みんなが幸せになる業務こそ本物です。
“戦友”であるオーナーさまと、オーナーとしての悩みを共有できる日を楽しみにしています。